角松敏生Performance2019″Tokyo Boys & Girls”~まだまだ若くありたい~

先日、角松敏生さんのコンサートに行ってきました!

先日発売されたMini Albun「東京少年少女」をメインにしたコンサートツアーで、ホーンセクション、ダンサーなど、多様なパーフォーマンスで、コンサートとしては充分に楽しめました。

コンサート中のMCで、「あと5年でやめる!」(5年後は彼は63歳!)との発言がありました。確かに、現状の音楽業界はCDが売れる時代でなくなったので、ミュージッシャンにお金をかけられなくなっている現状があります。ただ、こだわりのサウンドを追求するなら、コンピューターではなく、人にお金をかけなければ、良いサウンドは作れないという点では、私も彼と同意見です。

また、年齢を重ねると、頭が固くなって、環境の変化についてゆけない、年齢を重ねると、変化を嫌うとの話しもありました。変化の激しい音楽業界にいるので、そのように感じる機会も多いとは思いますが・・・

私としては、頭が固くなるか?ならないか?は本人の努力、意識の違いが大きいと思っています。20~30歳の若者でも、すでに頭が固い人間はたくさんいます。

何か新しい知識、経験などをしたときに、「これを認めるか?」「認めないか?」と考えるのではなく、単純に「いいじゃん!」とか「ちょっとイマイチ!」とかの感性で考えることができれば、頭はまだ柔軟だと思います。ポイントは感性です。

なので、感性を鍛える努力、機会は常に作っておくべきと思います。そうすれば、頭が固くなるということはないのでは?と私は考えています。

私は、死ぬまで仕事をやめるつもりはないので、自分が思い描いたことを実現して死ねるか?道半ばで死ぬか?わかりませんが、たとえ道半ばで死んだとしても、自分の思い描いた理想に少しでも近づけていれば、それで「幸せな人生」だったと思える・・・そんなふうに思っています。

コメントを残す