父の遺志を継ぐということ~4月2日放送7ルールを観て~

何回か私のブログで取り上げている火曜日23:00~フジテレビ系で放送されている「7ルール」の話しです。

今回はお父さんが亡くなったことで、閉店した京都のパン屋さん(ニッタベーカリー)を、閉店5年後の昨年9月に娘3人で再興したお話しです。なかでも、三女で、1番好き勝手な人生を送っていた新田里奈さん(29歳)が今回の主人公です。

彼女は、大学時代にお父さんが過労で倒れるまで、実家のパン屋さんを継ぐとは全く考えず、勉強しないで遊んでばかりいたそうです。大学2年生のときにお父さんが倒れて、大学を中退し、パンの専門学校に入り、卒業後は、東京の有名ベーカリーで修行していたが、仕事がきつく、いつ辞めようか?ばかり考えていたとのこと。そんな矢先に、突然、お父さんが亡くなったとの知らせが入り・・・

私は、彼女が番組の中で語っていた亡くなったお父さんに対する思いに感動し、共感しました。その言葉は・・・

「父が死んで、やっと自分の人生に向き合えた」

「父がいて、パンを教えてもらったら、結局自立しなかった」

「亡くなってお父さんが教えてくれたというか、強くなったんじゃないかな?と思います」

私と父の関係も同じです。一緒の事務所で、仕事を一緒にする機会がありましたし、接待なども一緒に行ったことがありますが、面と向かって何かを教えてもらったことはありません。唯一あるとすれば・・・「父の背中」と「ポイントとなる言葉・考え方」だけです。また、私も、父が亡くなってから強くなったと思います。それまでは、病気で、入院していても、存在だけで心の安らぎを得ていたように思いますが、いなくなると、途端に「はしごを外された」ような感じで、一瞬ガクッときた感じは受けましたが、頼るものがないということは、自立するしかありません。

いろいろな親子関係はあると思いますが、言葉にしなくても、なぜかしら子供にはいろいろなことが自然と伝わっているようです。

そんなことを思い起こさせてくれた番組でした。

ちなみに彼女の7ルールは・・・

1)売上予想より多めに作る

2)パン作りは週2回休む

3)姉のやり方に口出ししない

4)「カッコいい」髪型にする

5)新作は同じシチュエーションで考案

6)パンの味は多数決で決める

7)父のパンの真似をしない

7)がいいですね!素晴らしい!

人生に向き合えるキッカケをくれた父に感謝するが、どのように仕事をするか?どんなパンを作るか?までは自分が決める!ということだと思います。


コメントを残す