ランニングでの気付き12~走り方~

ランニングの際の走り方について、これまで気を付けていたようなことは何もありませんでした。先輩ランナーの方に聞いても、特段気を付けなければいけないようなことはないよ!と言われておりましたので、昨日のランニングまでは考えたこともありませんでした・・・

ところが、先日のブログでも書きましたが、少し足の筋肉が痛く感じるようになりましたので、走り方も、できるだけ足に負担がかからないような走り方はないものか?と考え、実践するようにしたら、走り心地が良くなりましたので、ご紹介したいと思います。

1)10km以上という距離を短くはしたくないので、時間がかかっても、ゆっくり走るようにする

2)歩幅を狭くして、一歩踏み出したときの足への負担をできるだけ軽くする

3)できるだけ平坦な場所を走る

4)歩道橋など階段の上り下りが必要な場所はできるだけ避けるが、やむ負えない場合は、走るのではなく、ゆっくりと歩いて上り下りする

以上です。

昨日実践したところ、走行時間は長くなりましたが、走り終えるまで、足の痛さを感じることなく走れましたので、よかったです。

少しの気付きで、結果は大きく変わります。

同じようなことが、人生でも、仕事でも、勉強でもいろいろな場面で、言えるように思います。

経験するから、考えて改善しようとする・・・そもそも経験がなければ、考えもしない・・・大事なことと思います。

コメントを残す