映画「運び屋」を観て~年老いるとは?~

先日、クリント・イーストウッド主演・監督の「運び屋」を観てきました!

現在88歳のイーストウッドですが、彼が34歳のときに主演した「荒野の用心棒」翌年の「夕陽のガンマン」といった西部劇が、私を映画の世界に引き込むキッカケになりましたので、その当時のイーストウッドのカッコよさが忘れられません。彼は、これらの西部劇のはまり役からヒット作となる「ダーティーハリー」シリーズに主演することなったのです。

そんなカッコいいイーストウッドでしたが、さすがに昨今は監督業に専念することになっており、まさか、本人も88歳で自分が主演する映画を撮るとは思ってもいなかったと思います。

彼のインタビュー記事を見ましたが、この映画は「90歳の運び屋(麻薬などの違法薬物の)」として逮捕された男の記事を見たところから、映画化しようと!と思ったとのことです。当時の関係者からは話しを聞く事ができなかったとのことですが、イーストウッド本人が、この男を演じ、イーストウッドの本当の娘をこの男の娘として演じさせたところが、想像とはいえ、リアリティー感が半端なく伝わってきました。

★★★★☆・・・惜しい!4.5点

家庭をかえりみず、娘の結婚式にもでない、外ヅラだけはいい夫であり、父親。家族からは愛想を尽かされ、娘とも長年、話しもできない。そして、唯一大事にしていた農園も最後には借金の担保に銀行にとられてしまう。そんなダメダメ男が、人生の最後に仕事として選んだのが「運び屋」という仕事。それで、大金を稼ぎ、家族との修復を図ろうとするが・・・

若いときのイーストウッドはカッコよかったですが、88歳のイーストウッドは、かっこ悪い?というより、人生を達観した余裕を感じます。おそらく、自分がこの役を演じたのは、実話が基にはなっていますが、この役と、自分自身をオーバーラップさせることで、リアリティー感をより出そうと思ったからだと思います。

90歳で犯罪を犯す主人公、88歳で自分が主演の映画を撮るイーストウッドとも・・・この年齢になって、そんなことしなくてもいいじゃない?と思うと・・・でもそれは、お金のためじゃないんだよ、自分の居場所を確保し、家族にこれまでのことを償い、家族と一緒に過ごしたいだけなんだ!という叫びを感じます。

年老いたからこそ、分かること、気がつくことが多いような気がします。それをさりげなく、若い世代に伝えていく・・・彼らが決して後悔しないように。私の役目はそういうことなのかな?と思える作品でした。

コメントを残す