中小企業経営者の心のコンセルジュ~青年期編3~

先般、このお題での投稿は、私の高校時代のバンド活動の話しでした。特にドラム。なんとかかんとかバンドでのドラマーの地位は獲得しましたが、男子校の私は、女子との付き合い、話すことさえも苦手でした。

高校2年と言えば、青春真っ只中、ましてバンドを演っている男子はモテるはず・・・同じバンド仲間でも、ギター、ボーカルを演っている同級生は超モテまくりでした。

私はと言えば・・・女の子の前では、うまく話せず、ダンマリ。友達の彼女に「あの暗い友達、なんとかしてくれる」と言われる始末です。

高校時代は、ズッとそんな感じでしたでしょうか・・・柔道、ドラム、バンド練習・・・今思い返すと、これに明け暮れていたような気がします。男子校でしたので、友達とどこかに出かけない限りは、周りは男子ばかり。もともと、女の子にモテたいからバンドを演るという動機ではなかったので、私としては、それで良かったと思います。(でも、今思うと、勿体無いですね!)ただ、時間を持て余していました。これが本当に勿体なかった。

人生にはいろいろな生き方があるように思います。

若いときは、若いなりに、多少無茶なことをするやんちゃな人が多いと思いますが、私のように、周りの環境に合わせるように生きてきた人が、全てを失くし、逆に自我に目覚めることもあります。

自我に目覚めたからこそ、自分がやりたいことを、とことん追求したいと思う。当然、そこまで考えずに生きていくことはできます。ただ、今度はそこまでやらないと、納得できない自分がいます。

年齢を重ねたから、引退、孫と遊ぶ・・・といった生活を否定するわけではありませんが、逆に、年をとったからこそ、できる仕事はありますし、若い人に伝えたいこと(変に説教じみないで)がでてきます。

高校時代の私に、今の私は、こう言いたいと思います。「時間だけは、戻ってこないから、今を精一杯生きろ!したいことをしろ!」これでいいはずです。

コメントを残す