竹野下正治さん53歳&稲田弘さん86歳~ジェットスキー界のキング&最年長トライアスロン競技者~

TBS系テレビで、毎週土曜日17:00~放映されている「バース・デイ」というテレビ番組で、このお2人が紹介されていました。私は、ドキュメンタリー番組が好きですので、この番組も録画して、時間があるときに観ております。

お2人とも「すごい!」の一言です。

ただ、お2人がこれだけのめり込む動機がそれぞれ違います。

竹野下さんは、何か一つのことに秀でることで、自分の自信になるため

一方、稲田さんは、早くに他界した奥さまからの言葉がキッカケ・・・「やるなら私ができない分一生懸命やれ」

何かを成し遂げる、やり続ける動機となることは人により異なると思います。

動機に対して、常に誠実に向き合い、やり続けること。

おそらく、その誠実さの原点が何か?が重要なのだと思います。

コメントを残す