あえて集中しない

何事も集中し過ぎると、かえって良くない結果が生じることが多々あると思いませんか?

最近、以下のようなことがありました。

1)ダイエットにあたり、食事と運動の両面から行っています。食事について、昼飯は、プロテインのみにしています。従って、お腹が減ります。特に、昼過ぎから夕方までの間の空腹感に我慢できないときがあります。このようなときは、そこに意識が集中しないように、外出したり、運動するようにしています。

2)対人関係において、ストレスが溜まることが多々あります。特に、私の場合は、言葉を選んで話す方なので、選ばないでまず口からという人は苦手です。言いたいこと半分も言えないで、ストレスが溜まります。このようなとき、そこを考えだすと解決できない問題にハマっていくので、わざと違うことを考えてそこから目をそらします。

3)すぐに解決できない問題がある場合、常にそのことは頭の片隅にあるわけですが、良い考えが浮かびません。そんなときは、一旦、考えを止めて散歩したり、運動したいりします。そうすると、「パッと」本当に「パッと」良い考えが頭の中に浮かぶことがあります。それをメモするようにしています。

物事に集中するのは悪いことではないですが、集中し過ぎてもよくありません。そこから一旦離脱することで、状況が変化し、結果的には良くなるということがあります。

そんなことを最近、つくづく思います。

コメントを残す