映画「グレイテスト・ショーマン」音楽より~ストーリーの展開が映像と音で表現される素晴らしさ~

先日のブログで、映画「グレイテスト・ショーマン」に感動したことをお伝えしましたが、今回は、歌と踊りで迫ってくる楽曲の素晴らしさについて書きたいと思います。

映画で使われた楽曲はどれも素晴らしいものです。ストーリーの中で使われるので、歌う本人の心の気持ちが楽曲で表現されるという展開になっています。なので、単にセリフを言っている映画と違い、そこに音がのっているということで、セリフよりも心に残り、感動します。

その楽曲の中でも、特に私の心に残った楽曲の一部をご紹介したいと思います。これは、人と違う身体特徴を持っていたため、これまで人前に出ることを恥かしいと思っていたサーカス団員たちが、サーカスという場所を与えられることによって、「This is me!~これが私!~」と堂々と言えるようになったときの歌われた歌です。

「This is me:これが私」

I am not a stranger to the dark:暗闇とはお馴染みよ

Hide way,they say:隠れていろと、声がするわ

Cause we don’t want your broken parts:醜い姿は見たくない、と

I’ve learned to be ashamed of all my scars:そして私はこの傷を恥じるようになったの

Run away,they say:逃げろ、と声がするの

No one’ll love you as you are:そんなお前を愛する人はいない、と

But I won’t let them break me down to dust:だけどそんな声に潰されるものですか

I know that there’s a place for us for we are glorious:居場所があるはずだから私たちが輝ける場所が

When the sharpest words wanna cut me down:鋭い言葉に傷つけられたら

I’m gonna send a flood:洪水を起こしてやる

Gonna drown’emout:溺れさせてやる

I am brave:私は勇敢

I am bruised:痣だらけでも

I am who I’m meant to be:これが本来の私

This is me:これが私なの

Look out’cause here I come:気を付けてね、私が行くわよ

And I’m marchin’on to the beat I drum I’m not scared:自ら奏でるビートに乗せて、堂々と進んでいくわ

To be seen:見られることを

I make no apologies:言い訳はしない

This is me:これが私だから

コメントを残す