映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観て~アメフトのオールスター戦~

2012年から公開されている「アベンジャーズ」シリーズの最終作「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観てきました!7年間の間の4作品を製作、公開してきた「アベンジャーズ」シリーズですが、これで最後になるとのこと。

マーベル系の映画は、コミックヒーローが主役となり、悪?と敵対する戦いを描く映画ですが、本作品はさすがに最終回ということで、これまでヒーロー達が戦ってきた歴史を振り返ると同時に、戦いに没頭するため犠牲にしてきたことを、取り戻すといった人間的な部分を多少強調するようなストーリー展開になっていました。

★★★☆・・・3.5点(5点満点)

ただ、この7年間の間に、マーベルでは「アベンジャーズ」シリーズとは別に、ここに登場するヒーローたちの映画を単発で製作しており、この単発映画もそれぞれ観ていないと、ヒーロー達のキャラを理解できないといったことがあります。

なので、「アベンジャーズ」シリーズを楽しむため、私もここ最近はマーベル映画を観てきたつもりですが、それでも分からない?忘れている?キャラが多く、映画館で隣に座っていた黒人カップルの騒いでいる姿を多少冷ややかな目で見ていたのは確かです。

ファン心理とはこういうものだと思います。このヒーローが好き!この選手が好き!この俳優が好き!このアイドルが好き!といったことが基本的にあれば、知らず知らずのうちに、その人の言葉、性格、キャラが自分にも入ってきます。そうでなければ、なかなか自分に入ってきません。入ってこないと、楽しくない!

映画を楽しく観るために努力する必要はないし、感情移入を無理につくる必要もない。自然体の中で、自分の感性にフィットする映画・・・そんな映画に出会えることを期待して私はこれからも映画を観ていきます!(仕事も同じと思いますが)

なにはともあれ、アメフトのオールスター戦のような本作品。人間性を少し取り戻すことができたヒーローたちが描かれていてホッとしました!

コメントを残す