常識・当たり前って?

常識・当たり前という言葉が通じるのは、日本人の間だけって知ってましたか?

ハッキリ言って、常識・当たり前という言葉は、根底に共通認識がなければ、通じません。そもそも共通認識が違う人同志であれば、通じません。日本は単一民族でズッと歴史を作ってしますので、共通認識という根底部分では一致しているので、お互いの暗黙の了解ということが、通用します。

海外、特に大陸続きで侵略の歴史を辿っていた国は、常識・当たり前という言葉では何も通じません。なので、言葉に出して伝えること(ダメ・OK、分かった・分からない等々)でしか自分の身を守れません。

相手も同じ常識があるから、分かっているだろうと考えて行動すると、手痛いしっぺ返しをくらうからです。

私も中国にいたので、経験しましたが、大部分の日本人は、自分の意見を伝えつつ、相手の立場も尊重し、最終的には議論の落とし所を考えて、結論を導き出しますが、大部分の中国人は、自分の意見を言い放ち、相手の立場を考慮せず、自分の意見のみ通します。自分の意見を通した結果、失敗したら、周りの環境、人の責任にする・・・決して自分が間違えたとは言わない。

これでいいの?と感じますが・・・

世界的には、このような考え、対応の方が主流のような気がします。

こんな対応したら、どうなるの?誰もそのような人には近づきたくなくなり、孤独になるではないでしょうか?そこで、やっと本人は気が付きますが、それでいいのです。

世界にはたくさんの人がいます。だから、自分が気にいる人、気に入ってくれる人はどこかにいるはず。と考える「逞しさ」があるからです。

日本人の持つ「繊細さ」と中国人、欧米人が持つ「逞しさ」。この両面を持つことがこれからの我々には最も必要と感じます。

コメントを残す