とんかつ「まい泉」に学ぶ事業承継と絶品「茶美豚」2

前投稿からの続きです!

そんな素晴らしさを感じたまい泉でしたので、急にトンカツを食べようと!と思いたち、とんかつまい泉 青山本店に行ってきました!
祝日の15:00くらいでしたが、10名ほどの行列ができており、しばらく待ちましたが、1名ということもあり、カウンターが空いたので、待ち時間10分ほどで席に座ることができました。そして、メニューを見ると、なんと限定品が多いことか!隣りの外人は、せっかく来たので、限定品を注文しようと「This!」「This!」とメニューを次々と指さしながら言っていきますが、ことごとく「Sold out!」の回答。私も実はせっかく来たので、限定品かな?と思いましたが、メニューの中に、気になる文字が・・・「茶美豚」・・・???

ちゃーみんとん・・・ネットを検索すると、穀物飼料にお茶(カテキン)を加えた茶美豚専用飼料を出荷する約2ヶ月前から与え、飼育している豚とのこと。肉質としては、お茶に含まれるカテキン効果か?「脂がしっかりついていながら、サラッとしている」とのこと。

そこで、私は茶美豚ロースカツ膳+カキフライ1個を注文しました!やはりこの時期は牡蠣も外せません!

待つこと10~15分程度、サクサクの衣を身にまとった美味しそうなトンカツの登場です!

トンカツの衣は、まい泉のようにサクサクのものと、目黒の「とんき」の唐揚げのような固い衣のものがありますが、私はサクサクが好きです!そして、中の肉のジューシー感!たまりません。

今回は茶美豚ということで・・・確かに!普通のロースカツよりサラッと感があります。ジュワーッというよりジャワサラーッ?といった感じでしょうか?(ジュワーッ感が淡白という感じです。)

カキフライも含めておいしかった!値段も2,000円くらいと、限定品よりはだいぶ安く仕上がりました!

やはり、このような揚げ物は家では無理ということで、満足のいく外食でした。

事業承継ということも含めてまい泉に勉強させていただきました。ありがとうございます。

コメントを残す