全英女子オープンゴルフ 42年振りの快挙!!!~渋野日向子さんの素晴らしさ~

昨晩イギリスのウオーバーンゴルフクラブで開催された全英女子オープンゴルフで、プロデビュー1年目の新人 20歳の渋野日向子さんが優勝しました!男女とも海外メジャー大会で優勝するのは、42年前の樋口久子さん以来、史上2人目とのこと。

昨今では、宮里藍さん、松山英樹さんなど多くの日本人ゴルファーが海外で活躍するようになりましたが、海外メジャー大会と言われる競技で日本人が優勝できるなんて・・・私も、6年ほど前までは、ゴルフをやまほどやっていましたので、ゴルフ中継もよく観ておりました。

青木功選手、尾崎将司選手、中嶋常幸選手、丸山茂樹選手、松山英樹選手など最終日の午前中までは単独首位など好位置をキープしているのですが、残りホールで崩れていきます。

今回も同じだろう・・・まして新人・・・ということで、不覚にもテレビのLIVE中継を途中で切って、寝てしましました。(録画はしておりましたが)ところが、起きて、まず携帯に入ってくるニュースで「優勝」を知りました。すごい!としか言いようがありません!

そこで、遅ればせながら録画を観た次第です。

観て、またびっくりしました・・・カップのヘリに当てて強めにねじ込むパット、短いPar4をリスク承知でワンonを狙ってくる度胸、テレビカメラに向かってお菓子を食べる画像をカメラ目線で披露する物怖じしない態度、そして海外メディアが「スマイルシンデレラ」と名付けたその笑顔・・・これまで観てきた日本人選手は、態度がデカイ尾崎将司選手でさえ、緊張、萎縮した感じがテレビ画面上からヒシヒシと伝わってきましたが、彼女からはそんな様子は微塵も感じない!!!

「メンタルが強い」という表現をよくしますが、彼女の場合は「強い」というより「コントロールが上手い」という表現がピッタリするように思います。それは、バンスバック率というボギー以上のスコアを叩いたホールの次のホールで、バーディー以上のスコアを出す確率が現在日本No1ということでも分かります。それは単に打たれ強いということだけではなく、感情をコントロールできるから、冷静に次のホールでバーディーが取れるということです。冷静さを欠けば、バーディー以下のスコアでは上がれません。

そのように考えると、彼女の笑顔と物怖じしない態度、度胸は感情のコントロールの一環なんだと納得がいきます。OnとOffの切り替えが本当に上手い。

ゴルフに限らず、ビジネス社会あるいは日常生活でも同じと思います。

もう6年ほど握っていないゴルフクラブを久々に握りたくなった、渋野日向子さんの優勝でした!

コメントを残す