ローストチキン

本日はクリスマス・イブですが、どのように過ごされてますか?

私は先日、知り合いの店でローストチキンを食べました!もちろん、ケンタッキー・フライドチキンではなく、料理上手なマスターが作った、中に麦ごはんまで入ったローストチキンです!とても美味しかった!

クリスマスになぜチキンを食べるのか?当然、欧米の影響と思いますが、ネットで検索しますと、色々と出てきます。

1)アメリカでは七面鳥を食べます。これは、アメリカの先住民の時代から、捕獲して、食する鳥としては、メジャーな食材でした。その七面鳥に対する感謝の現れとして、感謝祭やお祝いごとの食卓には必ず七面鳥料理が並びました。

2)ただ、日本では七面鳥が手に入りにくいため、ケンタッキー・フライドチキンが広めた、にわとりのチキンがメジャーとなり、同社の営業マンが「ケンタッキー・フライドチキンを食べてクリスマスを祝うという行事を、日本の習慣にしよう!」ということで、広まったとのことです。

ケンタッキー・フライドチキンの営業マンが広めたと聞きますと、なにかガッカリしてしまいますが、折角、根付いた習慣です。逆に、我々日本人は、普段、肉から卵までお世話になっているにわとりに感謝する気持ちで、このローストチキンを食べるのがいいのではないでしょうか?

日本は欧米文化の影響が強い国です。当然、国土、人種の違いから、日本に同じ文化が入ってきても、同じような習慣として馴染むものと、馴染まないがあります。特に宗教的な行事に関わるものについては、形式的には日本にも入っていますが、本質的な意味までは理解されず、違う形で習慣化されている行事が多々あるように思います。

そのような行事については、日本独自でもいいので、商売ベースではなく、何かに「感謝する」「お祝いする」「願う」等の意義を見出すような行事としての位置づけを確立してほしいと思います。そうすれば、昨今の「暴動のような行動」は起きなくなるのではないでしょうか?

コメントを残す