Mr.Beanを知っていますか?

皆さんは1990年代に一世を風靡した「Mr.Bean」を知っていますか?

NHK放送で不定期ではありますが、放送されていたドラマ?お笑いドラマ?です。私は、毎回それを楽しみに観ていました。

先日、彼が主演した「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」という映画を観ましたが、久々にこれでもか・・・というくらい笑いました。

★★★・・・何かしらの気付きは得られるが、それが、自分の考え、行動まで変えるような影響を与えることではない場合。

このジョニー・イングリッシュシリーズは3作目(前2作は2003年、2011年に公開され、今作品は2018年公開ということで、7~8年置きに新作を出してもヒットするという、まさに音楽業界でのポール・マッカートニーのような存在)で、いずれも私は映画館で観ています。アクションでもない、サスペンスでもない映画を映画館で観るのはあまりないのですが、この映画だけは「面白い」ので、早く観たいということで、映画館で観てしまいます。

「Mr.Bean」をご存知の方であればわかりますが、主演のローワン・アトキンソンの演技とは思えない演技に魅了され、時間を忘れてしまいます。まさにはまり役とはこのことでしょう。

このような役に出会えた彼は、幸せ者です。(すみません、幸せとは違います。彼が努力したから、このような役と出会えたのです)

野球選手で言えば、イチロー選手と同じです。一生一業で貫き通せる天才になれたのですから。

それほどすごい!!!

そうだ!私には一生一業は無理でも一生一思はできるでしょう・・・

⇒業(ワザ)を極めるのは難しいが、思いだけであれば、極められるという意味です。

コメントを残す